エンジンオーバーホール


レーシングバルブスプリング

先日オーダーしておいた、ショートパーツやらバネやらが届いた。いわゆるガスケット類のショートパーツは置いといて、今回のキモはクラブスポーツ用ミッションマウントと強化バルブスプリング。どちらもたいした値段ではないのだが、積算していくと大打撃・・・(ミッションマウントは後日インプレします)
で『強化バルブスプリングで、ええヤツは?』というオーダーに対して、返ってきたのがこのパーツ。
ANDIAL_eibach強化バルブスプリング。米国本国ではレーシングバルブスプリングと呼んでいるらしい。で、ANDIALという会社について調べてみると、北米レーシングポル シェの大御所チューナーらしい。んで、eibach(アイバッハ)っちゅーんは、工業用スプリングメーカー。(サスペンションのバネとか作っているメー カーと同じだった)つまり、ANDIALさんが、eibachさんにオーダーして作ってもらったのがこのバネということか・・・
ということはこのバネに刻印されているeibachの品番を注文すれば、ANDIALブランドのより安くなったりするのかも(などと考えてみたり・・・)
で、手で触って堅さを確かめようとしてみたり・・・(ムリムリ)

やっぱ、この手のバネとかゴムとかにお金をつぎ込むという行為は不思議だ・・・

軽量フライホイール

ここ数日間、恒例の『東北雪山ごもり』も無事終了し、日々の生活に戻りつつあるワタシ・・・。
(今年は雪が少なくて、蔵王ですら樹氷の付きが悪い。しかし、滞在中のほとんどがピーカン&無風のナイスデイだった・・・ええやろ)で、肝心の我が愛車だが、どのくらいまで進んでいるのかと言えば、エンジンはほとんど完成間近燃焼室のカーボンも取り去りレーシングバルブスプリングも組込済み。軽量フライホイールも組込済み。画像は、カムチェーンケース部分の作業風景である。ひとつひとつ丁寧に作業していただいているのが 良くわかるわ。んで、ボディ側の作業状況といえば、現在ウマの上で放置されたまま・・・ディスクキャリパーの耐熱塗装の準備中である。

だんだん完成してきたぞ~